【海外生活】日本からの荷物、送って欲しい物、どうやって送るの?

カナダ

私は以前カナダの田舎暮らしをしていました。
やはりふるさとは恋しくなるもの。

そんな時は実家から母の送ってくれる、
国際郵便小包がとってもとっても嬉しかったです。

カナダといえば、アジア系の移民も多く住んでいるので、
普通のスーパーマーケットで日本食やアジア食材が手に入ります。

それでも、どこに住んでいるかによって、手に入るものは大分違います。
日系人の多く住んでいるバンクーバーでは大抵の日本食材は手に入ります。
私の住んでいた町は結構田舎なので、醤油・味噌などは手に入りましたが、
手に入らない欲しいものは、いっぱいありました。

日本から送ってほしい物

食品

お菓子・珍味・・・定番商品や新発売、抹茶味、日本のお菓子の美味しさはすごい!

緑茶・麦茶・・・ティーバッグは買えるけど日本のお茶屋のお茶葉希望

ふりかけ・・・子供が「のりたま」大好き、いろんな種類も楽しみたい

高級カップラーメン・生めん風袋ラーメン
・・・日本の技術に脱帽、もはやご馳走

焼きのり・乾燥シイタケ・鰹節・だし昆布
・・・手に入るが日本製を送ってもらえると嬉しい。

乾燥ひじき・乾燥きくらげ・切り干し大根・乾燥こんにゃく
・・・なくても生活できるけど、あれば料理の幅が広がりまくる~

乾麺・・・揖保乃糸が大好物なのでよくお願いしました。

米麹・・・甘酒用に、甘酒のフリーズドライも嬉しい

高級フリーズドライ味噌汁・・・フリーズドライ最高、おかずに昇進

米・もち・・・正月に日本のお米と餅が食べれたら最高

食べ物は何でも嬉しかったです。
日本からの貴重なカップ焼きぞばを主人が、台無しな食べ方をしたことがありました。
そうです、湯きりしないでラーメンのように、うっすい焼きそばソースのスープで美味しくないといいながら食べたんです!
このやり場のない悲しみ‥( ;∀;) 美味しくないも誤解だし‥(=_=)

日本語書籍

子供に日本語の絵本をもらえると、嬉しかったです。
育児書やベストセラー小説なんかもネット注文して、海外発送したこともありました。
とにかく、売ってない、手に入らないから貴重品でした。

ベビー用品

日本で売っているものは、なんでもよくできていて重宝します。
値段に対して品質がいいのもいいです。
空気で膨らむベビーバス、ストローコップ、テーブルに掛けるタイプのベビーチェアは、
カナダ人に羨ましがられました。
爪切りなどの、身だしなみセットも日本製が使う立場に立っていて秀逸です。
おでこに貼る熱取りシートや赤ちゃん綿棒はないので、日本から仕入れていました。
日本の製品は、痒いところに手が届くようによく考えられていて、ありがたかったです。
日本人のモノ作りのすごさを感じました。

季節のイベントもの

正月、ひな祭り、子供の日、お盆などにちょっとしたカードでも飾りでも、
季節を感じるものを送ってもらえると、テンション上がるとともに
故郷恋しさにホロリと来ました。

送料は中身に使った金額以上になることも

送るうえでのハードルは、送料と送り状です(品名を英語か仏語で書く。
荷物は郵便局に持って行きます。郵送手段が選べます。

重量で送料が決まりますので、液体などの重くなるものはよく考えて送りましょう。
本当に高い送料をかける価値があるのかということです。

10㎏の小包 バンクーバーまで

配送手段 料金 日数

EMS(国際スピード郵便)

14,500円

4日

航空便 17,650円 6日
エコノミー航空(SAL)便 12,550円 2週間前後
船便 6,750円 2ヵ月前後

料金と日数の兼ね合いを見ると、EMSか船便の2択になると思います。
また、2キロ以内の国際eパケットライトはSAL便扱いの小形包装物で、格安になります。
送り状をオンラインで作成する手間はありますが、
わざわざ荷物を分けてでも使う価値があります。

重量 オセアニア、北米、中米、中近東、ヨーロッパ(第2地帯)
国際eパケットライト EMS
100g まで 550 円 2,000 円
300g まで 690 円 2,000 円
500g まで 870 円 2,000 円
1.0kg まで 1,320 円 2,900 円
2.0kg まで 2,400 円 4,500 円

注意
花火・ライター・電池は送れません、危険物として扱われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました